読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

21gの音色

孤独に羽が生えた。それは偽者の羽だった。

「大丈夫」が重すぎて

僕の存在が薄れゆき、消えてゆき、最後にはいなくなっちゃうんだ。

僕の存在が消えていったたときそういえばあんな人いたなあって思い出して胸がちょっぴり痛くなったりしてもらえたら嬉しいな。

 

最近何があるわけでもないのに涙が流れる。自分の感情が理解できないだけで何か理由があるのかもしれない。最近自分が病気なんだって改めて思う節がいくつも見えてきた。とても辛い。

そんな僕に優しくする人が未だにいることが理解できない。その人たちの気持ちを裏切ってしまうくらいには申し訳なさがある。僕に優しくしてくれたり、他の人と同じ扱いをしてくれる人を優先していこうって決めてるのにそれすらも十分にできていない。

それはネットだろうとリアルだろうと関係ない。ネットだからだよって言われることもあるけど、ネットの人と長く付きあうこともあるしそれを言い訳にはできない。

人とどんなに話しても空虚感がある。些細なことで感情をあらわにしてしまう。他人から見たら大したことないことでも僕にとっては重大ってことがよくある。そのたびに自分への戒めを行う。最初は服薬とアームカットだけだったんだけど頭を壁に打ち付けて入院したり、釘を体に打ち付けて穴が空いてしまったりそれだけじゃ耐え切れなくて首を吊ったり、高いところから飛び降りたりするようになった。運がいいのか悪いのかわからないけど毎回生きている。神経のどこかがきっと死んでいる。

 

僕みたいな人間も必死に生きてる。死にたいわけじゃないんだ、本当は生きたいしみんなと仲良くしたいし楽しいことを共有したいんだ。ないものねだりかもしれないけどね。うまく言葉にできなくて誤解させちゃうことが多いけど僕と仲良くしてください。

 

ブログ書きながらも泣いてるんだ。この涙が何を意味するのか自分ではわからない。

Twitterでこういう独り言言うアカウント作ったから興味ある人だけは(@un1_q)をフォローしてね。またね。

みんなのことがすきなのに僕が病気のせいでみんなに迷惑をかけてる気がして、一人僕が我儘を言ってる気がして、仲良し大親友が今日から敵になっちゃったりするのを考えてしまって、どうしょうもない虚無感に襲われて、もうわからない

一人じゃ生きていけない 

もうつらいんだ死にたくない でも生きちゃだめって言われてる気がして

僕の需要なんてない気がして

ネットで作った友達が大好きなのに どうしたらみんなを幸せにできるのかがわからなくて

もうわかんないごめんなさい

どうせあいつは病気だからで片づけられたらそこまでで

僕は言われても気にしないって思われがちだけど そんなことなくって

僕の心は意外と繊細で みんなが思ってるほど強い人間じゃないんだ

だからみんなに迷惑をかけちゃうのも承知だからつらい

僕が少数派の人間って言われてたしかにそうだから 多数派の人間の意見がわからなくって どんなに僕がつらく悩んでても多数派のひとには解決できなくて

だから僕は小さな檻に閉じこもって生きてきたんだ

こんな生活が嫌でネットを初めていろんな人の意見が知りたかった

だけどネットも多数派のひとたちがいっぱいいて

ぼくが活動しても人気者にはなれずに影だった

光に当たりたい一心でさいきんはなやんでた つらかった

僕もみんなと仲良くしたかった けど できなかったのかもしれない

僕の思い上がりだったのかもしれない

僕は僕のことを必要としてくれる人が好きです

でもそういう人が最近いない気がして、僕じゃなくてもいいって思って

他のひとでも穴は埋められる気がしてならなくって

この気持ちをどうぶつけていいかわかんなくって

ごめんなさい よみづらいくなってしまいました

 

さよならなんていいたくないよ またねもいやだよ はなれたくないよ ぼくとこれからもなかよくしてほしいよ みんながだいすきだよ はなれないで ぼくからのさいごのわがままです きいてください

虹の向こうと朝日の下。

「寂しくない」と言えばになる。けど、一瞬でも傍にいてくれてありがとう。

小さな窓の中、満ち欠ける世界が今度はきみの抗える世界を彩れたらいいな。

そのためのさよなら。泣かないで、僕等はずっと、思い出の中にいる。
じゃあ、またね。朝日が昇っていく。今日はこっちで会おうね。

 

お久しぶりです。僕です。ぽぴーすたーです。覚えてますか?覚えてますよね。僕のブログ読んでる人なんて限られた人しかいないしね…?

そういえば今日、僕のブログを読んで泣いたって報告をいただいた。嬉しい。僕の数少ない表現法を肯定された気分だ。ありがとう。僕のブログを読んでる人もいれば、もしかしたら共感してくれる人がいるかもしれない。あわよくば、その人の記憶に刻まれていくのかもしれない。そう考えたとき僕はこのブログを続けていてよかったって思える。強要はしないけどこれからも読んでくれ。

 

同じような話をする。僕はラップをしている(何度も言っている)これも僕の表現法のひとつだ。思ったことをズバッと歌うからもしかしたら不快に感じるかもしれない。僕も不快に思ったことをパパっと書いているからお互いさまってことにしてくれ。

それにしてもネガティブな歌詞が多い。さっき作った曲も冒頭に「死へのカウントダウン」って単語がある。一体なんなんだ。なんでこんな歌詞しか書けなくなっちゃったんだ。それはここ最近の話だ。やっぱり病気が関係しているのか?いや、そう思いたくないから違うってことにしよう…。

 

今日はここまで。久しぶりに書いたから書き方を忘れちゃったよ。またね。

恋愛観と根暗。

虹の向こう世界に僕は待ってるよ。君はその背中の翼で僕に会いに来てよ。ここまで来てくれてありがとう。

生きていくための。
生きるって何だろう?それは"抗う"こと。
別れをう、その両手を握っていう。
きっと君なら抗える。

 

今日は僕の恋愛観について話してみます。

僕はこういう恋愛がしたいっていうのがあまりない。人生において恋人はいるかいらないかで言ったらいらないって答えるからかもね。僕の人生は僕の人生であって他人の人生ではないから僕の人生に入って来る人は相当な覚悟があるのかもね。

恋人を作った場合僕はお互いにそんなに干渉し合わない関係が理想です。今まで付きあってきた人とはそういう関係を築いていたからこそ数か月経つと仲が自然消滅してたりする。ウケる(ウケない)

そもそも僕のような精神疾患を好きなる人なんてよほど頭のおかしい人だと思う。友達としてはいいけど、恋人には向いてないよね。と言われはや4年…。怒らせたら怖いとか、感情的になったら手におえないとか言われてきた。"つらい"

話は変わるけど見た目の好みはそんなにない。強いて言うなら根暗が好き。あんまり話はしなさそうだけど本当はめっちゃ喋るみたいな子が好き。興味ある。

興味がない人は好きにならない。好きから入ることはない。

あとは、僕の精神疾患を受け入れてくれる人、趣味が合う人がいいなって思う。当たり前かもしれないけどそれが理想ですよ。そういう人なら僕の人生において無駄な時間にならないからね。

 

僕は妹が好きです。下の妹が好きです。根暗だけど仲良しになれば喋るタイプで見た目もおとなしそうでタイプです。シスコンじゃないです。

 

今宵のブログ本当に面白くない。またね

終焉と序章。

やっと訪れた平穏は嵐のような速さで通り過ぎていき、薄汚れた街だけがきらきらと眩しく光っていた。僕の心を形容している。

もしも明日地球が最後の日だったらみんなは何をしますか?僕はきっと笑っているよ。僕は僕のままで最後までいられることが幸せだと思っているよ。悔いがないなんて言ったら嘘になるけど僕はこれがゲームオーバーだとは思えないんだ。

…暗い入り方をしたけど、今日は明るい話がしたい!だって今までの記事暗い内容ばっかりなんだもん!これだと僕がただの根暗にしか見えないじゃないか。実際そうだけどね。

話を戻そう。僕は最近ネットのお友達とゲームをしている。

楽しい

みんなでSkype繋げて大富豪したりお絵かきしたりしている。楽しい時間はあっという間に終焉を迎える。今日はマインクラフトをした。アプリは買っていたけどマルチをしたのは初めてだった。バグが多く見られたり僕が死んだり、死んだり、死んだりした。僕は圧倒的弱さを誇った(誇れることではない)

慣れたらそれはそれは楽しかった。目的のないゲームは好きだ。ゴールの無いゲームはやり込み要素があって楽しい。だから僕はきっとポケモンもやり続けるんだ。クリアの無いゲームはいつでもできるから楽しい。育成ゲームしかり、まったりできるゲームしかり…。僕が好きなゲームの話になってるからそういう話を今回はしよう。

 

小さい頃好きだったゲームはどうぶつの森+マリオ64大乱闘スマッシュブラザーズなどであることからわかるように生粋のニンテンドー信者だった。マリオ64は今でも好きだ。小さい頃は水のステージで溺れて死ぬことがトラウマだった。今では泳げる。リアルでは泳げない。

スマブラは無印が一番好きだ。なぜかって?一番うまいからだよ!!!ボタンが増えて大変になったなんて言わせんなよ!!!!

中学のときはモンハンを買った。2ndGを買った。イヤンクックで詰んだ。売った。

高校ではFPSにハマった。ネトゲを中心に色々やっていた。AVA、SA、PMなどだ。特にPM(ペーパーマン)は一番ハマった。紙の世界って何か斬新で楽しかったな。あの頃に戻りたいとも思う。

大学に入りネトゲPSO2、実機はスプラトゥーンにハマったな…。PSO2はリア友と、スプラは今いる界隈の人とたくさんやった。僕はスプラは得意じゃない。下手だ。

ゲームはうまさだけじゃないって大人になってからわかったこともある。楽しさが大事ってことをね。みんなでやる楽しさをみんなが教えてくれた。本当に感謝してる。

 

みんなでやりたいゲームが多い。人狼もしたいし大富豪もボードゲームもクイズもマインクラフトもしたい。一緒にプレイするのがいい!ひとりでするより捗るし。

 

最近不安定な情緒も友達と話しながらやることで少しずつ安定する。だから僕からそれを奪わないでください神様~~>_<

 

話を関連させて、終わりなきゲームが好きと言ったが過去記事で言ったように僕はラップをしている。ラップでmake moneyしたいわけじゃない。趣味でやってますよ~ってレベルだから終わりなき挑戦だよね。終わりがないから中2から続けることができている。ゲームも初めて触ったのはゲームボーイだし幼少期から今までずっとやり続けている。

僕も自分自身の人生を"終わりなき挑戦"ってタイトルにしてこれからも生きていきたいって思うようにこの記事を書いてるときに思いました。ついでに僕がブログの終わりにいつもまたねって言うのは口癖だよ。「バイバイ」じゃ悲しいからいつでも会えるように「またね」なんだよ。

ってことで今回はこれくらいにするね。みなさんも終わりなき挑戦を始めていこう!

まだまだ僕は21歳、序章だよ。またね。

僕の存在と譲らない玉座。

心に嘘はつけない、つけても直ぐにバレるボロボロの小細工を身に纏い、

情報だけが大量に流れ込んでパニックになる毎晩。

すべての感情が混ざり合う心の宇宙は壊れやすいが広くできている。

 

僕はいつからか精神疾患とともに生きていくことになった。

患っていたのは境界性人格障害(ボーダーライン)、ADHDが主である。ボーダーについては今でも患っていると思っている。自分が自分じゃなくなる瞬間がわかるんだ。怒った瞬間、涙を流す瞬間などに自分が自分じゃなくなって別人格が形成される。

どういうときに自分が変わるのかがいまいちわかっていない。変わったときの記憶がイマイチないのも事実である。これが本当だからなおさら面白い。

 

病気と向き合っていくためにはどうしていったらいいのかわからない。

精神科医父親に聞いてもイマイチパッとした答えは出てこない。だからこそ病は気からという言葉を信じている。

 

話は戻るが別人格になったとき、そうじゃないときも感情とは逆に他人を傷つけてしまうことが多々ある。そのことで昔から友人関係が良好ではなかった。

傷つけるたびに僕はを背負い、その罪を重ねることで背負いきれなくなってを受けることにしている。

他人を傷つけた分、自らも傷を負うことにしている。これが正しいとは思わない。死んでしまっては意味がない。生きて償うことが大事なんだ。

このことについてネットの友人や現在の恋人などの方々から僕が罪を背負い、「罰を受ける必要はない。」と言われた。

そうやって言ってくれることが口だけじゃないことがわかった。それが僕にとってはとてもうれしいことである。僕を心配してくれる人がいるってわかっただけでもうれしいのにね。昔の僕じゃ考えられないよ。

今いる界隈に居座っていてよかった。この玉座は誰にも譲らないよ、僕は唯一無二の存在なんだから。

今の界隈の友人と一緒なら僕は硝子の雨に打たれてもきっと笑えるだろう。

電子の波に存在する籠の中で近くにいようと遠くにいようと僕らは夢で逢える、きっと来世でも逢えるはずだ、またね。

 

 

無の過去と輝きの現在。

平成が生み出したゆとりという名の怪物が目を覚ますとき、平凡な日常に終止符は打たれる。

荒廃した冷凍都市のような心を持つ僕が他人に興味を示すことは滅多にない。

だから恋人もできなければ友達もできない。いないわけではないが少ない。

 

僕が興味深いと思わない限り他人と接する機会がない。それはネットもリアルも同じである。中学までリアルで友達と呼べる人間がいなかった。それは当時僕がいじめられていて僕の興味がシャットアウトされてたからである。僕を傷つける人間の心理が知りたいとは思うものの、人間性が好きという理由での接触は起こらなかった。

前記事でも言ったが中学2年で始めたラップ投稿を通じてネットで共通の趣味を持った友人を持つようになった。初めてできたネッ友と呼ばれる人とは今でもつながりがあり仲良しである。リアルで遊ぶようになってリア友同然の関係となった。僕個人の意見だが一度会ったらリア友というルールがある(勝手)

中学生活はネットと勉強がすべてだった。地元にいてはマズいと思い、受験をするべくめちゃくちゃ勉強した。僕は頭のデキがあまりよろしくなかったので効率が悪いながらも書いて覚えた。高校受験では第一志望に落ち、二次募集で某男子校に受かった。

 

高校では中学での生活がありえないと思えるくらい平和だった。僕は勉強にまみれるために特進クラスに入った。父親、当時の担任の先生からは「なぜ受かったのか?」という疑問を何度もぶつけられた。僕は今でも受かった理由がわからない。

クラスのみんなに追いつくためと大学受験のために高校1年生からひたすら勉強を始めた。高校の先生は授業を進めるのも勉強を教えるのもとても上手った。欠けたピースが埋まるかの如く僕は成長していった。元々偏差値が50弱程度だったので伸びしろしかなかったみたいだ。

勉強以外では学園祭が僕の印象に残っている。僕は元々中性的な顔をしていたので女装コンテストに出場することになった。高1の僕は相当嫌がったけれど、クラスの男子の押せ押せに負けて嫌々出場することに…上級生を抑えてぶっちぎりの優勝を果たした。

優勝後、他校の生徒(女の子)が「写真を撮ってください!!」と言ってきた。これを利用して女の子と連絡先を交換していった。旨みを覚えて毎年のように女装コンテストに出場しては優勝するという3連覇の快挙を成し遂げた。

高1,2の学園祭で仲良くなった女の子とはお付き合いすることもあった(セックスもした)

 

そして高3の受験期になり多くの生徒が内部進学をしていく中で僕は某国立大学への進学を志した。元々狙っていた大学があったのでそこ1本に絞り受けることにした。

落ちたら浪人するつもりだったがセンターは英語を除いて完璧に乗り切ったが、2次では受験後にやらかしたと思った。合格発表日、僕は受かっていた。

合格=ゴールと感じてしまい燃え尽きてしまったので大学では2度の留年をしてしまう。自分への甘さがここにきて出てしまったのである。そして今に至る。今期の成績表が届いた。2年間で取得した単位数を半年で取った。僕の2年間とはなんだったのか。

 

話は変わるが僕はいまネト充している。僕のことを理解してくれる人が最近現れたのである。先の見えない人生について語り合ったり、人間味あふれる話をたくさんしている。大多数の人間はその話の面白みを感じないと思う。けれど僕はそういう話が大好きだ。小中と孤独が友達だった僕からすると高校、大学、ネットを通じてたくさんの友達ができた。

21年生きてきて今が一番楽しい。だからこそ今の楽しい時間を誰かに邪魔されたくない。僕は自由に話したい人と話しているのにそれを邪魔する人間が多すぎる。

邪魔な人間ほど排除したくなるのである。あの手この手を使ってでも周りから白い目で見られても僕は邪魔者を消し去りたい。手段は選ばないつもりでいる。

僕のことを何も知らないのに悪と決めつけ避ける人間は興味ないでは済まされない。嫌いだ。

 

この文章を書いている途中、感情的になってしまった…反省します。

それとブログは1日何回書いてもいいと思ってるよ。思ったことを思ったときにこれからも書いていこうと思います。それではまたね。